墓じまい

墓の後継者がいないこと

困っている女性

墓というのは、子孫が継承していくことが基本中の基本になります。しかし、永遠に常に血が続くわけでもなく意外と絶えることもあるのです。墓守の後継者がいないということが結構ありますから、これは覚悟しておいた方が良いでしょう。
もう確実に自分の代で終わると思ったのであれば、墓じまいというのを検討しておいたほうがよいでしょう。これは、墓を解体、撤去する事をいいます。場合によっては廃墓と呼ぶこともあります。墓を移転させたりするときも墓じまいをすることが多いです。撤去時をするときには、永代使用権の権利をお寺に返すということが一般的になっています。墓石を撤去して、更地にするわけです。細かいやり方自体はお寺によって違うことが多いですから、まずは墓じまいを住職に相談するとよいでしょう。
また、改葬はいろいろと許可が必要になります。まずは、移転先の証明書を取得することになります。そして、現在のお墓があるところの改葬許可申請書の用紙を記入して、今のお墓の管理者に必要なところを記入してもらいます。そして、受け入れ証明書、改葬許可申請書などを添付して、今度は改葬元の市町村役場に提出することになります。そして、改葬許可証を発行してもらうのです。これが一連の流れになります。

墓じまいが注目されています

最近になってとても注目されているのが、墓じまいです。これは既にお墓がある人がそれを撤去しようとする行為です。どうしてそんなことをするのかといいますと単純に後継者がいなくなったとか或いは別のところに移転させる場合などです。
移転の場合は墓じまいを改葬などと呼ばれることもあります。もう継ぐ人もいないので止めますとお寺にいえばよいというわけでもなく、重要であるのは許可と儀式などをすることです。基本的にお寺の場合、永代使用の権利を返還することになります。そして、墓石の撤去、更地にします。当然、その費用はこちら持ちになりますから、それは覚悟しておきましょう。場合によってはお寺で最後の供養として儀式をすることもあるでしょう。それに対する寄進も必要になる可能性が高いです。ですから、意外と墓じまいにもお金がかかるわけです。
しかし、それでも整理をしておきたいという人が増えているのです。理由としては、やはり後継者問題もそうなのですが、どうしても墓があること自体が負担になってしまっていることもあるのです。定期的に通うことが加齢によって出来なくなったりして、それが心理的な苦しさに繋がっているのです。そうした人が墓じまいをするのです。

墓じまいが増えているわけとは

少子化によって先祖代々のお墓を継ぐ子供がいないからという理由もありますが、子供がいたとしても墓石タイプのお墓は掃除が必要なので、最低年に1度はお参りをしなければならないし、ずっと管理していかなければならないので、遠方住まいや高齢で管理がキツイという理由等から、子供に苦労を引き継がせたくないという思いを強めた親の世代で墓じまいを行う人も年々増加しており、今は夫婦が別のお墓に入ることを望む人も増え、自分のお墓は自分が選びたいという人が増えていることも理由として挙げられます。
墓石タイプの墓を墓じまいをして、管理が楽で費用も安く、将来無縁仏となっても安泰である納骨堂や樹木葬にする人が増えているのは、高齢化になり平均寿命が延びているのに、福祉・介護に対する国のサービスが不十分であり、自分が在宅介護等で苦労をした人が多いので、たとえ実子であっても「相手の負担になりたくない」という気持ちを持つ人が高齢化社会と共に増えていることで、この墓じまいの意識が強まったせいとも考えられます。
納骨堂では購入時にお金をまとめて支払っているし、納骨堂に参る人がいなくなって決められた年数が経過すれば、まとめて供養してくれるので無縁仏になる可能性がないところが安心できます。

今後多くなってくる「墓じまい」

「墓じまい」をするケースが年々増えています。家族に何かあるにつけ墓参りをする慣習のある日本。春夏秋冬問わず、先祖代々が眠っているお墓に行き、家族や親族に何があった、こんなことがあったという報告、ときにはそれに対して、ご先祖様からの何かの回答を得たいという場合にも墓参りをしてきました。しかし、核家族化、少子高齢化の時代に変わって行くにつれ、墓参りをする回数は少なくなっていって、ときには墓地にある墓で、もう長く墓参りをされていないであろう石状の建っているだけのものもよく見かけるようになりました。そのような墓は、見るだけでもつらいものです。
しかしながら、そのようなお墓は、参る人がいませんから悲しいことですが片付けるしかありません。そのような無縁墓になる前に、自分の代で墓を片付けることが墓じまいです。ご先祖が代々引き継いでいって子孫の繁栄を願って建ててくれたことに感謝しつつ、自分の代で終わることをお詫びすることが、墓じまいということです。墓じまいの方法はいくつかありますが、栄代供養、合同祀、散骨などのなかから選択することとなります。墓じまいは自分が死んでしまってからは当然行えませんから、ある程度元気なうちに行うことが必要となります。あまりに早くやりすぎても、遅すぎてもスムーズに行かないことが予想されますから、まずは墓地、霊園の管理者などに相談してみることが良いと思います。


墓じまいを考えているなら
いま後継者がいないということで墓の後継ぎ問題がいろんなところで起きています。どうしても後継者が見つからないのでしたら、墓じまいも検討するべきでしょう。この高齢化社会では仕方のないことでもありますので、せめてしっかりとおさめてもらえる業者に依頼して、きれいな終わり方をするようにしましょう。

オススメ記事

トピックス

  • 墓じまいとは何なのか

    お墓というのは、永久にそこにおいておくことができるわけではなく管理をしないといけないわけですし、それには費用がかかります。ですから、もう後継者がいないとかもう墓参りをする体力がないといった人が、先祖代々を撤去して遺骨を散骨したりするわけです。永…

    MORE

TOP